トップ «前の日記(2015-01-09) 最新 次の日記(2015-02-22)» 編集

呑んだくれ改めレッツゴー痛風日記


2015-02-07 懐かしの室蘭へ

_ 室蘭市立桜が丘小学校閉校式典に出席。

母校である室蘭の桜が丘小学校が今年で閉校するとの知らせを受けたので閉校式典に出席してきました。
室蘭市立桜が丘小学校校舎

小学校時代の同級生と3人で朝7時に札幌を出発して懐かしの母校へ車で向かう。
早く着いてしまったのでそれぞれのかつて住んでいた家をまわったりコンビニで軽くご飯をたべたりして時間をつぶす。僕の住んでいた社宅はキレイな更地になっていて時代の流れを感じるなど。
立ち寄ったコンビニにはしっかりと閉校式の案内が貼ってありました。
桜が丘小学校閉校式の案内

さて、目的地である桜が丘小学校に向かう。
校門手前には41年間ありがとうの看板
41年間ありがとう

閉校式典に大勢の人が集まっているのでしょうか。グラウンド全体が駐車場になっております。
グラウンド全体が駐車場

懐かしの校舎。
校舎近景

玄関には閉校式典開場の立て看板。本当に閉校してしまうのですな。
桜が丘小学校玄関

中に入ると、木製の下駄箱でズラリ。つくりは当時のままだけれど、児童数がかなり減ったためか棚が間引きされていて空間が広くとられてました。
桜が丘小学校玄関
木製の下駄箱の玄関
それぞれの写真の真ん中にかつて下駄箱があったであろう跡が残ってますね。

式典が始まるまでは教室探検。基本的に当時のままの教室に懐かしさが溢れ出る。
教室
さすがに石炭ストーブはなくなったようだけれども、ストーブを置いていた鉄製の床が当時を思わせる。
そして下の写真の左手にちらりと写っている掃除用具入れにびっくり。
教室
こんなに小さかったのか!昔はよくこの中に友達を閉じ込めるなどしたものだけれども、よくこの中に人を入れようと思ったな。

思いのほか広い廊下。
廊下
コート掛けも当時のまま
廊下その2
僕達の通っていたころからある2回生のみなさんの卒業制作
廊下に展示の作品

ひな壇的構造の珍しい音楽室
音楽室

理科室
理科室

手洗い場。みかんネットの石鹸がビオレに変わった他は当時まま。
手洗い場

いよいよ会場へ。
閉校式典

来賓挨拶等がひと通り終わり、遂に学校の象徴ともいえる校旗が青山市長へ返納されてしまった・・・。
校旗返納

そして児童発表のコーナー。「呼びかけ」とスライドショーで41年間の歴史を振り返る。
スライドショー呼びかけ
しかし41年間の歩みと言いつつも、1年1年の年間行事や6年間の成長の積み重ねだったりするのだなと気が付き、学校の歴史というよりも人の歴史を感じるなどしました。

式典に際しては立派な記念冊子が配布されました。
桜が丘小閉校記念冊子

しかし、配布冊子の児童数グラフ見てみると、開校してから常に右肩下がりじゃねーか。
児童数は右肩下がりだった
市長や教育委員長は来賓挨拶のなかで「人口増に対応するために児童数900名のマンモス校として開校して室蘭の発展の歴史とともに歩んできた」というようなことを二人共おっしゃっていたが、なんともこのグラフを見ると微妙な気持ちになってしまうよ。

桜が丘小学校、絵鞆小学校、武揚小学校が閉校となり、あらたに「みなと小学校」に統合されるのだそうです。一足早く閉校になった港南中学校跡地でみなと小学校の建設がすすんでおりました
みなと小学校
しかしなー、港南中学校の校舎をそのまま使い続けるわけにはいかなかったのかねぇ・・

こちらは同じく閉校となる絵鞆小学校。丸型校舎は保存を目指すコミュニティが立ち上がっているとか。
絵鞆小学校も閉校になります

桜が丘小学校へ向かう道の立て看板。この看板からさらに学校が1つなくなり、そして1つ増えるということですな。
もうすぐこの看板からもう一つ学校名が消えます。

最後に同級生とともに記念写真を撮りました。
photo

閉校式の後は軽く市内観光。旧駅舎や八幡宮を訪れました。
旧室蘭駅
室蘭八幡宮

Tags: 日記

_ 手打ちそば大徳

そして、伊達の「大徳」さんで鴨ざるを食す。
大徳の鴨ざる
いわゆる鴨せいろな感じでそばもダシも美味しかった。でも、ちょっと量が足りなかったなー。次回は大盛りしようと思います。

Tags:

カテゴリ一覧

トップ «前の日記(2015-01-09) 最新 次の日記(2015-02-22)» 編集