トップ 追記

呑んだくれ改めレッツゴー痛風日記


2016-08-12

_ [] にんにく編み編み

今年はニンニクが豊作だったので、吊るして保管するように編み編みしたよ。
ニンニク編み編み

三つ編みの要領で3つのニンニクを用意しまして、
ニンニク編み編み
一番手前(3番目)のニンニクの茎を手前にぎゅんと折り込みまして
ニンニク編み編み
まんなか(2番め)のニンニクの茎をぎゅーんと編みこみまして
ニンニク編み編み
1つめニンニクの茎と2つめニンニクの茎の間に4つめを差し込みまして
ニンニク編み編み
そして、あれ?これ、どうなってるんだっけ?
ニンニク編み編み

とまぁ、このように編みこみしていきまして8つくらいのニンニクを束にしたのでありまして、これが完成形どす。
ニンニク編み編み

ところで、ニンニクの根をそのままにしちゃっているのだけれども、根は切った方がよいのかしらん。と思って調べてみたら、根をそのままにすると鱗片が痩せてしまうために根を切る必要があるようだ。

晴れた日を狙って収穫した後、すぐに根を切ります。
根を残してしまうと、根が呼吸してしまい、鱗片が痩せてしまいます。

根を切り切りしないといけないですね。

ニンニクの根切りには専用のハサミも売られているんだね。にんにくのよしだ家さんで根切りバサミの販売とか使い方動画があるようだ。
こちらは動画。

販売ページ→【にんにく栽培】にんにく根切りバサミ

ほへー、世の中いろんな商品があるもんですな。


2016-08-06

_ [蕎麦] そば処すずしろ

山の手のそば処すずしろさんで天もりを食べてきた!
そば処すずしろの天もり。

天ぷらがさくさく!
すずしろの天もりの天ぷら。さっくさく。
そして、見よ!この大海老天のビッグサイズを。
すずしろの天もりの、大海老天。見よ、この長さを。

妻は鴨せいろを注文
そば処すずしろの鴨せいろ。こんがり焼いた鴨肉が香ばしい。
こちらはこんがり焼いた鴨肉が香ばしくて、一風変わったスパイシーな味わいでした!

蕎麦は真っ白で珍しい感じだけれど、喉越しよくおいしくいただきました!

_ [縄文] 「よいち縄文野焼き祭り」で縄文土器を野焼きしてきた!

よいち縄文野焼き祭りで自作土器を豪快に野焼きしてきました!余市縄文野焼き

縄文土器は小樽縄文人の会さんの企画に参加して、地元の土からつくった粘土でこねこねしたものなのでありますが、インスピレーションのままに手を動かしていると、土器を作るつもりがいつのまにか狛犬ができてしまったのであります。
狛犬を作った!
どことなく梅吉に似ているような気もするが、梅吉のケガが早く治るようにという祈りが無意識に込められてしまったのかしらん。この狛犬達を野焼きで焼き上げるのです!

家族全員で余市までプチドライブ。天気がよくて気持ちいいなー!
道中いろいろ買い物したけれども割愛しまして、いきなり会場到着!!なんだこの素敵ロケーション。気分があがりまくるではないか。
余市縄文野焼き

野焼きは釜を使わずに浜辺に土器を並べてそのまま焼き上げるのでありんす。所狭しと参加者さんの土器が並べられていきます。
余市縄文野焼き

一晩かけて焼き上げるので我らもテントを張ってキャンプ準備。
余市縄文野焼き
テント大好き犬が既にテントの中でまったりしておりますが・・・
ひょっとしてアウトドアは好きじゃないのかな?
余市縄文野焼き
そんなことないよ!うみはたのしいよ!

いよいよ土器を焼きます!
縄文さながらに弓で木をこすって起こした火を聖火ランナーのごとく浜辺まで運んできまして、
余市縄文野焼き
その火を受け渡ししまして、
余市縄文野焼き
点火!!
余市縄文野焼き
余市縄文野焼き
狛犬ちゃん、がんばれよー!
余市縄文野焼き

まずは端の方からじわじわ焼きます。いきなり強い火力で焼くと土器が割れてしまうのだそうだ。
余市縄文野焼き
土器が焼けるのを待っている間は美味しい食べ物を焼きましょう♪
余市縄文野焼き

日が暮れてきた。なんと美しい景色だろうか。
余市縄文野焼き
野焼きの奥に見えるのは竹のろうそく台
夜空には星もくっきり。
余市縄文野焼き

さて、夜になって土器がだんだんと焼けて来るといよいよ強い火力で焼き上げるので有りますよ!
余市縄文野焼き
火力を強くするために薪を投入
余市縄文野焼き
わー!すごい火力になった!
余市縄文野焼き
燃え盛る火を眺めているだけで心が浄化される
余市縄文野焼き
どんどん薪をくべるのであります。
余市縄文野焼き
まさに業火

夜が明けると土器がきっちり焼けておりました。
余市縄文野焼き
余市縄文野焼き
昨晩の業火の余韻もあいまって、なにか不思議な気分。

我らの狛犬ちゃん達も大きな土器の間で無事に焼き上がっておりました!
余市縄文野焼き

釜を使わずに浜辺で一晩かけて土器を焼く「よいち縄文野焼き祭り」。初めて参加したけれども大変楽しかった。美しい景色と燃え盛る火の側で一晩過ごし、なんだか原始的なきもちになりましたわよ。

すっごくたのしかったー!らいねんもいきたいなー!
余市縄文野焼き


2016-08-05

_ [etc] キヤノンLBP9100Cで色ずれ補正エラーが解決しないときの対処法

キヤノンLBP9100Cのプリンターで色ずれ補正エラーがでたのだが、何回も色ずれ補正してもエラーが解消しなかった時の対処法。 ネットの海をさまようと同様の悩みの人がいたみたい。

1.前カバーを開けて全色のトナーを一度抜いてセットし直す。

2.色ずれ補正を実行

以上!

[LBP-9100Cの色ずれ補正エラー対処法より引用]

ものすごく単純だが、これで解決した。感謝。

_ [日記] 水道基本料金を考えてたらいつの間にかふるさと納税に対する考えが変わった。

タイトル書いていて何を言っているのかよくわからないけれどももやもや思ったことを列挙して圧縮するとこうなったのでこれしか書きようないってことで。。
ふるさと納税

以下、ツイッターにつぶやいたものを転載。

水道代、ほとんど水使ってないのに基本料金取られて損してるよなーと思いつつ、上下水道インフラの維持コストは負担するべきよねということで納得している

雨水濾過するなり井戸掘るなりしてオフグリッドな水道生活すればいいじゃんという考えもあるけどね。

社会インフラ維持コストはみんなが少しずつ助け合って支える考えにたつと俺は雨水すするから水道代払わないよというスタンスも、それでいいのかしらんと悶々。

先日の都知事選、増田さんに対して都税を全国にバラ撒いた戦犯という批判もあったが、裕福な東京都の税収を地方に配分するのは僕は賛成。所得再分配によって疲弊した地方のインフラを支えるのは良いことだと思うけどなあ。

過疎しまくりの地方にコストをかける是非はおいておいて。

都税は都民のために使うべき。地方にばら撒くのはけしからんという意見はわかるけれども世知辛いよね。水も電気も食料も東京単体ではつくれないのだから。

なんてことを今日は考えていたのだが、あれ?ふるさと納税って実はいい制度なんじゃない?と考え改めたり。

税金はその地域のために使われるべきなのでふるさと納税けしからんという意見だったけれども、所得再分配という意味ではありですねと今更思い直しました。

まあでも税収少ない地域に住んでる方がふるさと納税するのは本末転倒なので、税収豊かなところに住んでいる方に限るという但し書きつきだよなあとは思うけど。


カテゴリ一覧

トップ 追記