トップ 追記

呑んだくれ改めレッツゴー痛風日記


2017-03-19

_ ブッシュクラフトアドバイザー認定講座二日目

2日目。前日につくったシェルターは全員分すべて残っていました。さすが。
ブッシュクラフト講座

さて本日のお題は火と快適に過ごす。つまりは、

  • 快適な椅子をつくる
  • かまどをつくって火をおこす
  • 焚き火をうまくコントロールしてお湯を沸かす
  • リフレクターをつくって効率よく暖をとる
の4点。やばい、すげーワクワクする内容どす。

まずは椅子づくり。手頃な枝をバトニングで切りそろえ
ブッシュクラフト講座
いい感じに井桁に組んだうえで
ブッシュクラフト講座
笹の葉などでクッションつくると
ブッシュクラフト講座
快適な椅子が出来上がるのです。すっげー!

さて、おかあちゃん、つくってみますよ!
ブッシュクラフト講座 椅子を作る
どん!
ブッシュクラフト講座 椅子を作る
どどん!
ブッシュクラフト講座 椅子を作る
なんか、枯れ葉のシートはあまり美しくないなぁ・・・

続いてかまどとリフレクターを作ります!
ブッシュクラフト講座 かまどとリフレクターをつくる
いい感じの枝を3本見つけてパラコードでいい感じにくくりつけまして
ブッシュクラフト講座 かまどとリフレクターをつくる
三脚をつくりまして、
ブッシュクラフト講座 かまどとリフレクターをつくる
木を隙間なく立てかけていくのであります!
ブッシュクラフト講座 かまどとリフレクターをつくる

よし、自分でつくってみよう!
received_1275013945887929
いい感じに木をたてかけまして
received_1275013899221267
完成!
ブッシュクラフト講座 かまどとリフレクターをつくる

さて、いよいよ火を起こしますよ!
かまどに順番通りに木の枝を重ねていきまして
ブッシュクラフト講座 焚き火を起こしてお湯を沸かす
点火!!
ブッシュクラフト講座 焚き火を起こしてお湯を沸かす
火がまだ燃え盛る前にも熱を効率利用するためにコッヘル側面を温めるのも資源を無駄にしない技ですなぁ。
いい感じに焚き火が燃えてますね
ブッシュクラフト講座 焚き火を起こしてお湯を沸かす
焚き火の周りに人が集まる、というのもなんというかその気持ち、わかるよねぇー

さて、いよいよ火をおこします!今回はメタルマッチに挑戦です☆果たしてきちんと火は着くのでしょうか!?

つ、ついたー!!

というわけで順調に火がおきまして、美味しいコーヒーを飲むことができました!
焚火をマスターした!
チャララッチャッチャッチャー♪きのくにはレベルがあがった!焚き火を覚えた!!

お母ちゃんも順調に火をおこせたようですな。
ブッシュクラフト講座

さて、始まりがあれば終わりがあるように、火をおこしたならば消さなければなりません。
ネイティブアメリカンの教えでは「もともとそこにあった自然に戻す」ことが大事なんですね。かまどに残った灰はもともとそこにあったものではないので、かまどからだしてあげましょう。もとはみんなこの山から拾った木々ですので灰は山に返します。
ブッシュクラフト講座 火の後始末
ブッシュクラフト講座 火の後始末

そんなこんなで濃密な2日間の講習が終了しまして、全員で集合写真をとりました。
ブッシュクラフト講座 集合写真
楽しかったですねー!!

2日間の講習を終え、無事に夫婦揃ってブッシュクラフトアドバイザーの資格をゲットし、認定書を授与いただきました!
ブッシュクラフト講座 アドバイザー認定いただきました
ブッシュクラフト講座 アドバイザー認定いただきました
ブッシュクラフト講座 アドバイザー認定いただきました
川口さん、2日間どうもありがとうございました!
新鮮で濃密ですばらしい2日間でした。今後ともよろしくお願いします☆

_ 塩原あかつきの湯でサッパリしてから〜の道の駅「湯の香しおばら」で車中泊

さて、帰ります。来る時は海岸沿いを通ったので帰りは4号線なり東北道なりで仙台へ向かおうと思ったのだが、専用車載ナビをつけていない我ら、スマホのGoogleMapをナビ代わりにしていたのだが、どうしても最短ルート(常磐道)を通らせたがるGoogleMapにいろいろと騙され、予定よりも時間をくってしまった。なので、本当は今日中に郡山あたりまで行きたかったのだけれど、諦めて那須塩原で温泉入って寝ましょうか、ということにした。
しかし、那須塩原に行くまでもGoogleMapはマニアックな道ばかりを案内してくれて、本当にイライラしました。きちんとしたカーナビを買うことを心に決めたのであります。

GoogleMapの謎ナビのおかげかもしれませんが、途中でいい感じの地元スーパー「石川ストアー」を発見。
やっぱり地元スーパーいいよね!味があって個性があってアットホームで。ここは酒屋さんも兼ねているみたいで特に日本酒が充実していてシュテキ!栃木の地酒と酒の肴をゲットしたのでありんす。

さて、ようやく温泉です。目指すは塩原あかつきの湯。妻が調べたところによると、源泉かけ流しで、さらに食堂でビールも飲めるとのこと!「お父ちゃん疲れただろうからお風呂入ったらビール呑みなさい」ととっても優しい言葉をかけてくださり、1日の疲れを吹き飛ばすべく温泉にどっぷりと浸かりました。ややヌルヌルするお湯が大変に気持がよかったのでした。
さて、お風呂のあとはビール!!生ビール!!と勢いつけて食堂に行くと、20時で閉店してました。。。ガッカリ(´・ω・`)

あかつきの湯でビールにありつけなかったので、今晩の宿泊地「湯の香しおばら」へサクッと移動。温泉地だからかもしれんが、結構車中泊な車が多かったですねぇ。ここでエアーベッドがパンクして膨らまないというアクシデントに見舞われるなどしたが、気を取り直して、石川ストアーでゲットした地酒とツマミで楽しい夜を過ごしたのでした。
那須塩原の道の駅にて車中泊。栃木の地酒が美味しかったぞ。
梅吉も疲れたね。ゆっくりおやすみ。
ちなみにここの道の駅にくるのは16年ぶり。16年前の画像がこちら。

いやぁ、若い、ですなぁ。。。

Tags: 温泉

2017-03-18 ブッシュクラフトアドバイザー認定講座一日目

_ 道の駅よつくら→御前山青少年旅行村へ

道の駅よつくらで車中泊した翌朝、さすが港直結の道の駅だけあって、朝の4時か5時くらいに釣り人の団体がたくさん集合していた。みなさん早起きですの。
僕も早起きして付近を散策すると道の駅よつくらの柱に子どもたちの復興への思いが埋め込まれていてハッとしたのでした。

昨日は道の駅よつくらで車中泊。柱に子どもたちの復興への思いが埋め込まれていました。

Satoshi KINOKUNIさん(@nikunoki)がシェアした投稿 -

さて、朝ごはん。
道の駅よつくらで車中泊
妻がノア子の中で料理してくれました。
道の駅よつくらで車中泊
ノア子の中で美味しくいただきます。
received_1275013205888003
梅吉はお外でのんびり。
received_1275013139221343

朝ごはんを食べたら本日の目的地へ道の駅かつら(の隣のコンビニ)を目指してレッツドライブ!なのであります。

ノア子にはカーナビがついていないので、スマホでGoogleMapをカーナビモードにして使っていたのだけれど、これ本当に正しい道なのだろうか・・・?と不思議になるような細い道や曲がりくねった道を通されてなんとか集合地点に辿りついた。後で記憶を辿ってGoogleMapで通った道をなぞってみると、なるほど、遠回りしている感じではないけれども、なんだかなぁ・・・?やっぱりカーナビはきちんとしたカーナビを買った方がよいのではないかと本気で思った次第。

ちなみに、道中、北海道限定(だと勝手に思っていた)セイコーマート(略してセコマ)を発見!!
茨城にセコマが!
なんか、内地でセコマみると不思議とものすごく安心感があるなー。

Tags:

_ ブッシュクラフトアドバイザー認定講座一日目

というわけでようやく今回の旅の本題。ブッシュクラフトアドバイザー認定講座を受けにはるばる茨城は御前山青少年旅行村にやってきたのであります!!
ブッシュクラフト講座 ナイフの使い方

ブッシュクラフトとは何か!?僕の乱暴な解釈で言えば「アウトドア以上、サバイバル以下。サバイバル技術を使って最低限の装備で野外生活を楽しむ技」なのであります。詳しく知りたい方は、今回の講座の講師である川口拓さんの著書『ブッシュクラフト-大人の野遊びマニュアル』を参考にしてくださいまし。

整備されたオートキャンプ場でゴージャスなテントや設備で近代的なキャンプをするのではなく、必要最低限の設備(例えばナイフとタープのみ)を持って山に入り、その場で調達できる木々を活用して自然と一体となって楽しむ「ブッシュクラフト」。

日頃、NPO法人ハチドリで自給自足な生活というテーマを掲げて活動していたり、アイヌ文化継承と称して山に入ったりしているけれども、なんというかまだまだ自分が地に足ついていない感じがしたり、魅力的なセミナーコンテンツへのブラッシュアップが足りないなと感じたりするところがあったので、自分のスキルアップと今後のヒントを見つけにブッシュクラフトアドバイザー認定講座に飛び込んできたのでした!!(前置き長い!)

さて、目的地近くのコンビニエンスストアで集合し、公共交通機関で参加される皆さんの合流を待って、車乗り合いで目的地の御前山青少年旅行村へ。
なるほど、山の中にある、自然のままのキャンプが楽しめそうな場所で、コテージや大勢で宿泊できる共同棟があり、なんとも大人数の野外合宿向けの施設ですな。
今回は北は我々北海道、南は九州まで、全国各地から20名以上の方が参加するおおきなイベント・セミナーなのでした。すっげー!

初日のお題は

  • ナイフを駆使して拾った枝からペグを作る
  • ロープワークの基本を学ぶ
  • それらを活用してブルーシートでシェルターを作る

の3点。オラ、いきなりワクワクしてきたぞ。

まずはペグに利用できそうな材を拾うために山に分け入ります。
ブッシュクラフト講座
ペグに利用しやすい木はどんなものか、どういう枝を探して拾えばいいのかのポイントを教えていただいて、
いざ山へ
ブッシュクラフト講座 材を探す
杉林のなかでいい感じの枝を拾い集めます。花粉症の人には大変な作業かもしれません。

しかし、講師の川口さん、
ブッシュクラフト講座 材を探す
なんともラフというかざっくりしているというか、、、、
まだ桜も咲かない季節だというのに長袖Tシャツ一枚だし、足元はビーサンだし、なんとも自由な雰囲気。いかにもアウトドアな格好している自分が恥ずかしかったぞ。

ペグになりそうな枝を見つけてきたら、これを加工するためのナイフワークのレクチャー開始。
ナイフの具体的な使い方の前に「べからず集」の確認。こんな使い方をしてはいけないよ、という実例をユーモアたっぷりにご説明いただいた。
やはり屋外のそれも刃物をつかうワークショップは安全指導が大事なのですなぁ。

ナイフべからず集の後は、枝を切断するためのナイフワークや、
ブッシュクラフト講座 ナイフの使い方
切り口をきれいに整えるためのナイフワークや、
ブッシュクラフト講座 ナイフの使い方
ロープをひっかける切れ込みをいれるためのナイフワークを教えていただき、
ブッシュクラフト講座 ナイフの使い方
各自がんばってペグをつくるのです!
ブッシュクラフト講座 ナイフの使い方
ペグの完成写真がなぜかありませんが、きちんと作ることができましたよ!

つづいてロープワーク
ブッシュクラフト講座 ロープワークとシェルター作成
タープでシェルターを作るのに必要なロープの結び方を数種類教えていただく。
ブッシュクラフト講座 ロープワークとシェルター作成

3チームくらいにわかれてそれぞれロープワークの練習。

女子チームはなんだか楽しそうだねぇ。
ブッシュクラフト講座 ロープワークとシェルター作成
犬でロープワークを試すのはやめましょう
ブッシュクラフト講座 ロープワークとシェルター作成

柱を相手にいくつかの結び方を繰り返し練習。
ブッシュクラフト講座 ロープワークとシェルター作成
ブッシュクラフト講座 ロープワークとシェルター作成
最初はぎこちなかったですが、だんだん指が覚えてくれるようになりました!

ロープワークをマスターしたところで、いよいよシェルター作り。
ブッシュクラフト講座 シェルターを立てる
どーん
ブッシュクラフト講座 シェルターを立てる
どどん
ブッシュクラフト講座 シェルターを立てる
どうすか、若干高さがたりない感じはしますが、雨風凌ぐくらいのシェルターがブルーシートとロープとその辺におちていた枝だけを使って短時間で作れてしまいました。
他の参加者さんも美しくシェルターを作られておりまして、
ブッシュクラフト講座 シェルターを立てる
なんというか、難民キャンプの様相なのであります。

九州から参加された焚き火魂さんは早速素敵な焚き火をはじめましたが、、、
<ブッシュクラフト講座
川口さんの「残念なお知らせですが、本日はここで終了です。」というお言葉に
ブッシュクラフト講座
残念な表情・・・。

夜は座学。サバイバルな状況に置かれた際の生存するための基礎知識について。
ブッシュクラフト講座 座学
生き抜くために、身体が必要とする順番に必要要素を確保していく、手段や方法もそうだけれども、まずは意識をそこに向けること。知っていること、認識していることがとても大事なのだということが改めて認識できた。

しかし、初日から濃密なカリキュラムだったなぁ。初日は午後スタートなので半日程度の時間しかなかったのだけれど、その短時間で、ナイフワーク、ロープワーク、シェルターの作り方、そして何よりも楽しむこと自然に守られて生きることを感じることを学ぶことのできた1日でした。

大事なことを楽しく学べる。最高の体験ではないか。

_ そして夜のブッシュクラフトへ・・

座学の後にみんなでキムチ鍋をいただき、そのまま近くの温泉へ。

ごぜんやま保養センター、四季彩館。露天はいい感じだし、内風呂には源泉風呂もあって、なんとも快適なお風呂でしたー。1日の疲れと汚れがさっぱりと洗い流されて快適。
風呂上がりにこの地域の地ビールである常陸野ネストビールをゲットして(近くのコンビニでは購入できない)、夜の宴会へ備えるのであります!

さて、夜の部はしめやかに執り行われておりましたが、途中から屋外が焚き火が始まりましたので、
ブッシュクラフト講座_夜のブッシュクラフト
謹んで合流するのであります!

ベーコンを焼いたり
ブッシュクラフト講座_夜のブッシュクラフト
ウィンナーソーセージを焼いたり、
ブッシュクラフト講座_夜のブッシュクラフト
我らも持参したじゃがいもを供出してホイル焼きにするなどしまして、
ブッシュクラフト講座_夜のブッシュクラフト
火の周りに人は集まるものなんですねぇ。
ブッシュクラフト講座_夜のブッシュクラフト
なんつーか、もう、盛り上がり過ぎて
ブッシュクラフト講座_夜のブッシュクラフト
写真がブレブレですが、楽しさだけでも感じていただければ。
ブッシュクラフト講座_夜のブッシュクラフト
そして、こういう場にとっても馴染む妻が、とても誇らしいのであります。

翌日も早いので健康的に早めに消灯・就寝。
男性は共同棟、女性は別棟で就寝なのだけれど、我らは家族3人(2人と1匹)でいつものようにノア子の中でお休み。
インストラクターの皆様は屋外で普通に野宿されてました。ワイルドやなぁ・・・


2017-03-17

_ 苫小牧→仙台の太平洋フェリーに乗って内地に上陸した!

今回、とある目的のために家族全員(私、妻、犬)で内地を旅することになり、愛車のノア子に乗って本州上陸したのであります。
仙台城址にて

内地までのフェリー航路はいろいろ考えたのだけれど、梅吉がいることを考えると、あまり長時間の船旅になることは避けたいな、と。

太平洋フェリーの苫小牧→仙台便は19時に出港して翌日10時に到着するという、船に乗って風呂入って酒のんで寝てる間に到着しているというちょうどいい時間なので、僕たちも楽だし梅吉もこれくらいの時間なら大丈夫かな?とということで、太平洋フェリーにて苫小牧から仙台に渡ったのであります。
フェリーで仙台へ
出港前の梅吉選手、何かを悟ったような顔つきです。

しかし、19時出港なのだけれど、車を運ぶ乗客は2時間前までに乗船手続きしなさいということには閉口した。飛行機でさえ30分前までにチェックインすればいいのに、どうしてそんなに早く手続きしなければならないのでしょうか・・・?まぁ車を運ぶとなるといろいろと準備ごとがあるのだとは思うけれども、、、

仕方ないのでこの日は仕事を15時30分に切り上げて高速とばして苫小牧西港に17時ギリギリに到着したのでありんす。しかし、僕が到着してからぞくぞくと車が来ていたので、ひょっとして2時間前という縛りはそれほど厳格じゃなくて少し緩めなのかしら?

太平洋フェリーで犬を運ぶにはドッグハウスに預けるか車両内保管。(この保管という文言も気に入らないが、、)

ペットと一緒にご乗船される場合は必ず港の乗船手続きの際にご申告いただき、念書にご署名をお願いいたします。犬に関しては、当社船内には、ドッグハウス(中・小型犬専用の簡易保管施設 冷暖房、照明付き)があります。ドッグハウスに入らない大型犬や、犬以外のペットに関してはお客さまの車両内保管をお願いいたします。

[ペットについて|よくあるご質問|太平洋フェリーより引用]

給餌・給水ができることと、狭い場所とはいえ一応は散歩できるスペースもあるドッグハウスもいいなと思いつつ、ドッグハウスの狭さ(幅500mm×奥行740mm×高さ550mm)がなんとも微妙だなぁと思って、梅吉は車の中でお留守番することに。
フェリーで仙台へ
ノア子の車中泊スペースを梅吉に贅沢に使ってもらって寝てもらうのだ。

さて、出港。
久しぶりのフェリー旅で夫婦ともどもうかれております。
船内でうかれとる
船内をいろいろ探検して見て回るだけでもなんかウキウキしちゃうね。
雪ちゃんもうかれとる
ビール
風呂上がりのビールが美味い!
received_1275012692554721
船内にしっかり記念撮影スポットもあるのでござる。

翌日。太平洋からの日の出が美しかったのでした。
苫小牧〜仙台航路の日の出

仙台到着。
仙台城址にて

仙台城址を少し散策すると片倉小十郎のコスプレした方がいらっしゃいましたので、記念写真。
仙台城址にて
片倉小十郎、イケメンだねぇ。ちなみに我らが札幌かたきたことを伝えると、片倉小十郎の領地であった白石の人たちが戊辰戦争後の移り住んだのが札幌の白石区なのだよ、と丁寧に解説してくださいました。

しかし、平日だというのに片倉小十郎さんがいたりとか、他にも松尾芭蕉さんがいたりだとか、観光客相手のサービスが充実してますなぁ。

そしてそのまま駐車場で妻が朝ごはんを作ってくれまして、
仙台城址で昼食
ノア子のなかで食べるのであります!
ノア子の中でお昼ごはん

このノアはYYというモデルなのですが、ノアなのに3列目のシートがなくて、そのかわりに使い勝手のよいボードが用意されていて、これがベッドになったり椅子になったりテーブルになったりと車で旅する人には申し分のない装備が満載なのであります。
これで、いつでもどこでも暮らしていけるような気がします。

Tags:

_ サバイバルファミリー観てきた

急ぐ旅路でもないので、巷で話題のサバイバルファミリーを観てきた。

と、いうのも明日から参加するブッシュクラフトアドバイザー認定講座の講師をつとめる川口拓さんが撮影協力したということでどんなサバイバル技が飛び出すのか!?という予習も兼ねて観たのだった。

結果、とてもおもしろかった。現代の便利な生活や仕事、常識に囚われすぎる現代人の滑稽さや、それが失われたことに気づいてからの心の成長や逞しさ、地に足つけて暮らす人の強さ、そして人間ってやっぱり楽しいねと思わせる演出など、とても楽しい映画だった。
娘役の葵わかなさんがとっても可愛い。

Tags: movie

_ 国道6号線を南下していわきまで

映画を楽しんだあとは、国道6号線を通ってひたすら南下。

東日本大震災の時に津波に浸水したことを示す看板が頻繁にでてくる。6号線を走るのは初めてだったのですが、テレビやネットでしか観てこなかった震災の被害の大きさを改めて感じて胸が痛くなった。

すっかり暗くなってからひたすら6号線を南下していると、帰宅困難区域に入る。自動車のみが通行でき、歩行者や自動二輪は通行禁止なのでやはり放射線量も強いのでしょう。当然だけれど車の窓もしっかり閉めて通過。誰も住んでいないので街の灯りがまったくない。これだけ広範囲の区域ですっぽりと人がいなくなってしまうことに改めて原発被害の甚大さを認識しました。遠くに見えた福島第一原発はやはり物々しく、将来に負債を残して今を便利に生きる原発の存在をますます許せなくなるなどしました。

この日は道の駅よつくらで車中泊。
received_1275012669221390
旅先で愛犬と一緒に御飯を食べたり同じ空間で寝たりできるのはやっぱり幸せなのだ。

Tags:

カテゴリ一覧

トップ 追記